伊藤若冲プラーク

近世日本を代表する天才画家、伊藤若冲(1716-1800)。
彼が活躍した時代は、まさにヨーロッパでマイセンが生まれ、花開いた時代でした。(1710 ~)
18 世紀初頭のマイセンは、日本や中国から渡来した焼物の絵柄を忠実に真似、その美学を独自に発展させていきました。
今、ここにご紹介するのは、その精神を受け継ぎ、現代に誕生したマイセンの「若冲」です。
プラークという磁板全体に広がる若冲の世界。
まさに東西の架け橋といえる画期的な作品です。

画像拡大

プラーク 「桃」
サイズ:25×17.5cm
品番:5M153/939001

プラーク 「瓢箪」
サイズ:25×17.5cm
品番:5M153/939002

画像拡大

プラーク 「庚申薔薇」
サイズ:25×17.5cm
品番:5M153/939003

画像拡大

※ 額装を外した拡大画像をご覧いただけます

プラーク 「竹と鶴」
サイズ:本体25×17.5cm、額装 サイズ:45.5×38cm
品番:5A153/936056A