2019年3月開催 マイセンクリスタルフェアとグラヴィーラーによる制作実演

卓越したエングレーヴィング技法と美しい色被せで定評のある「マイセンクリスタル」。
2019年3月に、鶴屋百貨店で「マイセンクリスタル フェア」が開催されます。
フェアの期間中、ドイツ本国よりアーティストとして活躍するヨルク・ヴェスツカルニスを迎え実演が行われます。
輝くクリスタルに繊細なモチーフが刻まれる技とその華麗な世界を、ぜひこの機会にご堪能ください。

開催地 会期 グラヴィール実演
鶴屋百貨店
東館7階 鶴屋ホール
TEL: 096-356-2111(代表)
2019年3月13日(水)~18日(月) 3月13日(水)~18日(月)
実演時間
1回目:午前11時~
2回目:午後2時~
3回目:午後4時30分~
※13日(水)の2回目は、午後2時30分から開催。最終日は2回目で終了(各回90分)。

実演者 ヨルク・ヴェスツカルニス(Jörg Weszkalnys)プロフィール

ヨルク・ヴェスツカルニス(Jörg Weszkalnys)

1974年10月17日、シュプレンベルク生まれ。

東ドイツのクリスタル工業の中心地ヴァイスヴァッサー近郊で育ちました。ガラスの研磨職人であった祖父の影響を受け、ガラス工芸の分野で働くことを幼い頃より志し、1991年から1994年まで、ツヴィーゼル(バイエルンの森)でガラス加工の職業訓練を受けました。

1996年から、マイセンクリスタル社で働き始めました。ウォルフガング・ウルマンや、ロルフ・ハイヤーといったマイスターの下で 制作技術を習得する中、創造性の豊かさで注目を集め、現在は開発チームに所属。特に、動物、人物のエングレーヴィングを得意とするグラヴィーラーです。