そごう大宮店「マイセン展」のご案内

全国の主要百貨店で開催し、ご好評をいただいておりますマイセン展が開催されます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

※各会場・スケジュールは変更になる場合がありますことを予めご了承ください。

国立マイセン磁器製作所 開窯310周年
そごう大宮店「マイセン展」
会場: そごう大宮店 7階 = 特設会場
電話: 048(657)7283(直通)
期間: 2020年2月21日(金)~25日(火)
※最終日は午後6時閉場

 

今回のマイセン展では、現代マイセン絵付部門のトップアーティスト、グードルン・ガウベが特集されます。
独特のスタイルが多くの新しいマイセンファンを獲得しているガウベ。その最新作が揃えられました。
また、「アラビアンナイト」誕生50周年や「ブルーオニオン」誕生280周年の記念作品、
そして世界限定作品が一堂に紹介されるとともに、新作の日本オリジナル作品も紹介されます。
ぜひこの機会にご覧くださいませ。

展示予定作品

U5252/63C048
プレート「嵐の海のマトウダイ」
ユニカート作品
径:約31cm

荒波をものともせず、悠然と泳ぐマトウダイ。
海の青とマトウダイの赤のコントラストが美しい作品です。

28A074/55654
ポット「黄金の竹」
世界限定50点
高さ:約11cm

中国伝来の竹型ポットを真似て作られた1720年のフォームを復刻。
シノワズリーの世界を細密に描き、アクセントの金彩が全体に気品を与えています。

グードルン・ガウベ

Gudrun Gaube
グードルン・ガウベ

1961年シュテンダール生まれ。1980年から1987年までハレのブルクギービッヒェンシュタイン工学デザイン大学で造形を学び、造形学士として卒業。ブダペストの工芸大学(1988)、ハレの大学(1988-1989)でさらに勉強した後、1990年に国立マイセン磁器製作所でフォーム・デザイン開発の仕事を始めました。彼女は伝統を保ちながらモダンな作品を作ることに力を注いでいます。