2011年下期マイセン展スタート

2011年下期マイセン展が8月31日、大阪髙島屋からスタートいたしました。

昨年、開窯300周年を迎えた国立マイセン磁器製作所にとって、2011年は新たな一歩を踏み出す年となります。
今回のマイセン展では300年の歴史と同時に、現代の息吹も感じられる作品を数多く取り揃えました。
またドイツのマイセンより絵付師が来日し、実演も行っております。

是非この機会に高度な技術を間近でご覧ください。

特に髙島屋グループのマイセン展ではマイセンの300年の歴史を「様式」ごとに集大成。


開窯から現在までの変遷を、五代様式であるバロック、ロココ、新古典主義、自然主義、アール・ヌーヴォーに加えアールデコ、
そして現代と時代の流れに沿いながら、珍しいフォームや絵柄の作品を揃えてご紹介しております。

髙島屋大阪店  大阪府大阪市中央区難波5-1-5 7階催事会場
開催期間:8月31日(水) ~ 9月5日(月)
上記以降の開催情報は、こちらをご覧ください。

作品名:蓋付大花瓶
サイズ:高さ47cm
品番:51112/60A004

18世紀に王宮の暖炉を装飾した「カミンヴァーゼ」というフォームの
花瓶に、20世紀初頭のアール・デコ様式のデザインが施された
滅多に復刻されることの無い、貴重な作品です。

作品名:愛の教え
サイズ:高さ30cm
品番:73463/900300

マイセンでは、18世紀のヨーロッパを席捲した啓蒙思想の影響を
受けて「良き母子像」「良き父子像」など、教育的内容の群像が
作られました。
本作品もその思想を受け継いでいます。
特別に依頼し、長い制作期間を経て復刻した作品です。

マイセンの絵付師
[マルティーナ・シュヴァルツによる絵付け実演]

8月31日(水) から 9月4日(日)
各日午前11時・午後2時・4時(各回約1時間)
※最終日(9月4日)は午前11時・午後2時のみとなります。

上記以降の開催情報は、こちらをご覧ください。